ムダ毛の自己処理で避けるべき方法はどれ?

  • 2016年10月23日
  • admin

自己処理ってほんとに大変

後から後から生え続けるムダ毛を自分で処理するのは本当に根気のいる作業といえます。毛深さはとても個人差のあるものですが、かなり毛深い人ともなれば、朝せっかく頑張って剃ったムダ毛が日が暮れる前までには再び顔を出しているという場合もよくあります。だから、外出先でも人知れず自己処理しなくてはならない人だっているのです。これは本当に大変なことですよね。おちおち会社帰りにデートの約束もできたものではありません。

自己処理の方法いろいろ

ムダ毛の自己処理というと、もっともポピュラーなのはカミソリで剃ることでしょう。クリームやローションを付けて肌を保護してから、毛の流れに沿ってカミソリの刃を当てていきます。一番手軽にできる方法ではありますが、一番ムダ毛が復活しやすい方法でもあります。復活を少しでも遅らせられるのは、毛抜きで1本1本抜いていったりワックスで一気に剥がすという方法です。でも、これはあまりおすすめできる方法ではありません。

おすすめできない理由

毛抜きで抜いたりワックスで剥がすのがおすすめではない理由は、毛の生える周期を乱してしまうからです。また、埋没毛といって、皮膚の下にムダ毛が埋まってしまうことにもつながります。その結果、いざサロンで永久脱毛しようということになった場合、毛周期を整えたり埋没毛を改善させたりするところからスタートしなくてはならなくなるのです。自己処理でオススメできるのは、面倒でもカミソリで丁寧に剃っていくことなのです。

医療脱毛を東京で手掛けるクリニックでは、ムダ毛の濃さに対する悩みを解決できる施術を行っており、アフターケアも万全です。

Comments are closed.